中性脂肪を下げる方法 TOP >  中性脂肪関連の口コミ >  中性脂肪を下げる運動方法

中性脂肪=贅肉を燃やす!

fukushiki_kokyu1.png

中性脂肪=贅肉を燃やす!

【運動方法】

ジョギング・ウォーキング・ジム通い等お勧めされましたが自分が選んだのは「腹式呼吸」でした。 とことんずぼらな人間でも呼吸だけは常にしているはずなのでこれなら起きている間=中性脂肪を下げる運動ができるはず まず朝起きた瞬間仰向けの状態から始まります

両手を重ねておへその下辺りに置きぐっと押さえるように力を込める、出来れば可能な限りの力で その際負けないようにお腹に力を入れつつ8秒掛けて息を吸い込み 4秒息を止めてから歯を食いしばった状態でゆっくりと全身にある空気を全て吐き出すつもりで息を吐きます、この時自然と「しーっ」と音が出るように この運動中常にお腹には力を入れっぱなしです これを10回の2セット、終わる頃にはすっきりと頭も冷めて一石二鳥です。 そして起きてからは立ったまま同じ事をしますが、朝の呼吸+軽くつま先立ちでやると良いです


【注意点】

血圧の高い方は朝起きてすぐの運動は怖いので様子を見ながらゆっくりと


その運動をしてみた感想や効果

何よりいつでもどこでもお金を掛けずに出来るのが良いです、実際意識してやってみれば直ぐに体の中からほかほかしてじんわりと汗まで浮かんでくるので効果も即実感できるというお手軽な方法でした。

続ける事でお腹が引き締まってくる効果もばっちりです。他には飲み物を全て黒烏龍茶に変える事、スーパーで数百円の茶葉を買ってしまえば一ヶ月は持つので簡単な上にペットボトル飲料を買う事もなくなったので糖分摂取を控える事ができた上に節約効果にもなったのが嬉しかったです。


中性脂肪を下げる有酸素運動には自転車を

00001.jpg

中性脂肪を下げる有酸素運動には自転車を

【運動方法】

有酸素運動が有効なのでウォーキングやジョギングも良いですが、自転車を使うと効率よく気持ちも楽に行うことができます。 ただ単に走るのではなく、心拍数と走行スピードを意識しなければいけません。

その際に「最高心拍数」の60%程度を目標にすると効率よく脂肪を燃焼してくれます。 計算方法は『220ー年齢=最高心拍数』×0.6で、例えば40歳の場合、最高心拍数『220ー40=180』で『180×0.6=108』となります。 心拍数108を超えないように一定のペースで走ると効率よく脂肪燃焼してくれるということになります。


【注意点】

注意しなければいけないのは、自転車で外を走ると受ける風で汗が乾いてしまい気づかないうちに脱水状態に陥るかのうせいがあります。こまめな水分補給をすることを忘れてはいけません。


その運動をしてみた感想や効果

実際に自転車を使い運動をしておりますが、運動を始める前の中性脂肪の値は「234」あったのですが1年ちょっとで「66」の基準値内まで下げることができました。 内容は筋トレを30分程度した後、ローラー台を使い自転車を40分回すという事を週5〜6日行いました。

また食事も揚げ物やスナック菓子を半分以下に抑え、その減った分を野菜に置き換えました。 始めたばかりの時は少しキツかったのですが、1ヶ月もすると慣れてきて無理なく続けることができました。 しかし運動や食事制限とも休息日を設けることを忘れてはいけません。休みなしでは体も心も疲れきってしまい逆に体調を崩すことになりかねません。


中性脂肪を下げるために役立つこと

a0001_009107.jpg

中性脂肪を下げるために役立つこと

【運動方法】

中性脂肪を下げるためには、ランニングやジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的であると様々な所でいわれています。中性脂肪が高い人の多くは、運動不足であることが多いため、いきなりランニングを始めても逆に体を壊してしまいます。

ですので、まずはウォーキングを短時間から始め、なれてきたら時間を延ばしたりジョギングに移行してみたりすると良いと思います。


【注意点】

膝などにかかる負担を軽減するために、ウォーキングの前後には必ずストレッチをします。また、途中で辛くなったら無理せずに中断することも大事です。毎日運動することよりも、月に数回を何年間か続けていくことの方が重要となります。


その運動をしてみた感想や効果

運動以外で中性脂肪を下げる方法は、やはり食事です。ですが、運動と併せて続けるとより効果的であるといわれています。食物繊維、不飽和脂肪酸、大豆製品、お茶など中性脂肪を下げる効果が期待できると謳われた食品類は多様にありますが、色々な種類の食品を各少量ずつ食べるような食生活が重要となります。

アルコールも過剰に摂取するのはよくありません。何事も摂り過ぎは良くないため、一日三食をほどほどに食べる生活を続けることが重要です。


中性脂肪を下げるにはウォーキングがおすすめ!

DSCN2788.JPG

中性脂肪を下げるにはウォーキングがおすすめ!

【運動方法】

中性脂肪を下げたいけど、具体的にどのような運動をすればいいのかよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。 中性脂肪を下げるには有酸素運動がもっとも効果的だと言われています。

有酸素運動は呼吸が乱れない程度に時間をかけて行う運動なので、運動が苦手だという人でも取り組みやすいです。 特におすすめなのがウォーキングです。


【注意点】

しかし長時間行うことで呼吸が乱れるようでは逆効果です。 適度な休憩を取りながら、体を温めるようなイメージでウォーキングをすることが大切です。


その運動をしてみた感想や効果

ウォーキングなら運動の初心者でも始めやすいですし、何より気軽に取り組めることが魅力です。 また、そこまで長い時間を行う必要もありませんので、毎日継続して行うことができます。

1日20分程度でも充分な効果を得ることができますので、無理をせず行っていきましょう。 慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていくことも効果的です。 毎日続けることで脂肪燃焼の効率が上がります。 自分のペースで行えるので、無理なく続けることができます。


これで中性脂肪も急降下!ジョギングとビタミンの効果とは

zyoging.jpg

これで中性脂肪も急降下!ジョギングとビタミンの効果とは

【運動方法】

中性脂肪は体にとってのエネルギー源の蓄積なので、まったく無いというわけにもいきませんが、あんまりいっぱいあっても困りものですね。そんな方にはさわやかな朝のジョギングがオススメ!ジョギングは有酸素運動と言って、正しい方法で走れば、走るエネルギー源として中性脂肪を燃やすことができるのです。


【注意点】

走る時の注意点は、息切れしない程度でゆっくり長く走ること。走りだしてから20分から30分後に中性脂肪が燃え始めます。それから走っている途中でつらくなったら必ず水分を補給して休憩すること。最初から無理はいけません。徐々に体を慣らしていきましょう。


その運動をしてみた感想や効果

中性脂肪を下げるには普段からの食事に注意してください。ファーストフードのハンバーガーばっかり食べていると、いくらダイエット運動をしても効果がありません。なぜなら、ファーストフードのハンバーガーや加工食品にはビタミンがあまり含まれていないからです。もしも体の中にビタミンが不足していると食べ物の栄養をを吸収できず脂質として蓄積されてしまうのです。 ですから、中性脂肪を下げるためには、野菜や果物加えたバランスの取れた食生活がとても大切なのです。


中性脂肪を下げるゆっくりスイミング

pool.jpg

中性脂肪を下げるゆっくりスイミング

【運動方法】

中性脂肪をさげるのに効果的な運動は、「有酸素運動」です。ウォーキングやジョギングもいいのですが、ゆっくりスイミングをお勧めします。ゆっくり、30分以上自分のペースで泳ぐだけで中性脂肪を低下させる有酸素運動ができます。スイミングなら、膝が痛かったり腰が痛い方でもチャレンジできます。


【注意点】

ただし、あくまでゆっくりスイミングを心がけましょう。一気にスピードを上げたり、過重なメニューを自分に課したりする必要はありません。ゆったり、マラソンをするイメージで、平泳ぎやクロールなど自分の泳ぎやすい方法で10分以上続けることが大切です。10分の遠泳を3回に分けてのんびり、水の中の自由な泳ぎを楽しみながら、中性脂肪を下げて健康な体つくりを目指しましょう。


その運動をしてみた感想や効果

中性脂肪を下げる方法は、運動以外にもあります。食事制限もさることながら喫煙をしている方は、禁煙をしましょう。特に、食事の内容を見直すことは大変重要です。野菜を中心としたバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。 とはいっても、仕事や家事で忙しくしているとバランスを考えるのはつい面倒になりがち。そんな時は、一日でどのくらい野菜を摂取したかを考えましょう。

朝昼晩と毎食バランスを意識するのは難しいかもしれませんが、一日の食事でバランスを取れば難しくはないでしょう。朝がパンだけだったなら、昼は野菜サラダとフルーツを中心にして、夜は、ご飯とお肉を中心にする、といったバランスのとり方でもかまいません。食事に気をつけることがまずは、中性脂肪を下げるための大切な一歩です。食事を楽しみながらもちょっと頭の隅にバランスを置いてみてはいかがでしょうか。


運動と食事で中性脂肪を下げる

walking.png

運動と食事で中性脂肪を下げる

【運動方法】

中性脂肪を下げるには、なんといっても有酸素運動が一番。中でもウォーキングやサイクリングなど、気軽に出来て、毎日続けられるようなエクササイズがお勧めです。 仕事が忙しくて、時間が取れないという人でも、例えば、通勤中にエスカレーターを使わずに階段を積極的に使う、車通勤をやめて自転車通勤にしてみるなど、 ちょっとした生活習慣を変えるだけでも、十分効果が期待できます。


【注意点】

ただし、夏の暑い日のウォーキングは、熱中症や脱水症状に注意が必要です。 帽子を必ずかぶり、水分補給を忘れずに、それから早朝や夕方などの比較的涼しい時間帯を選んでウォーキングするようにしましょう。


その運動をしてみた感想や効果

中性脂肪を下げるのに、運動療法と同じく効果的なのが、食事療法です。 まずはアルコールの量をできるだけ減らしてみましょう。 お酒を飲むと中性脂肪ができやすくなり肝臓に蓄積されてしまうので、週に1~2回は、お酒を飲まない休肝日を作るのもお勧めです。

日々の食事では、揚げ物などの油分が多いものや、動物性脂肪分であるチーズやバターなどの乳製品を控え、 食物繊維たっぷりのサラダ類や、EPA・DHAが豊富な魚を積極的に摂るようにしましょう。 白米を玄米に変えてみるのも効果的です。